New Soap

コラーゲンとは 老化防止成分 です

これは男女どちらにも共通していえます。
そもそもコラーゲンはたんぱく質の一種でもありますが、爪 髪の毛 歯茎 骨 血管でも使われるほど重要な存在です。
私自身も経験上、お肌の調子が悪いだけではなく、爪に縦線がはいったり、ボコボコに波打ったり、髪の毛のハリ、こしつやがなくなっていったりしていました。
そこでどうにかしたいと考え試したのがやはり簡単に試せるサプリメントでした。
コラーゲンはだいたい30代くらいで生産が減っていくといわれています。
そのころからあの手この手を使って補給をしていくのが大事です。
その中でもっとも簡単に摂取しようとなるとやはり誰もがサプリメントが頭に浮かぶのではないのでしょうか。
そこでコラーゲンのサプリメントを試した内容を少しまとめてみます。

コラーゲンのサプリメントを試してみました。

そして結果、二ヶ月サプリメントを飲み続けたのですが、正直目に見えてわかる効果はありませんでした。
結果ハリのある肌を保とうと思ったらサプリメントだけでは力不足なのです。
そこで食生活なども考えて調べながら試して私自身効果が出たと思うものがあるので紹介していきます。

サプリメントと併用して、“赤身の多い硬い肉、皮が厚い魚”をとる

例えば牛すじ肉,鶏砂肝,鶏手羽元、手羽先、ハモ、うなぎ、ちりめん、いか、まぐろ等と積極的にとるようにしていきました。
これらは近場にあるものでとれるので無理なく手にとって試せることができました。
このほかにも私の中でも便利と思ったのが鶏がらスープの素でも効果を発揮するとのことで、積極的に使うようにしていました。
そしてもっと大事なことは、効果のある食べ物とは逆に、せっかくとった効果を下げてしまう食べ物や摂取があるのでこちらも紹介します。

コラーゲンの効果を下げてしまうもの

それは揚げ物などの高脂肪食、糖分の取りすぎです。
高脂肪食は、ホルモンが減少してコラーゲンなどを低下させます。
そして糖分のとりすぎはコラーゲンが糖化という異常たんぱく質に変化してしまうので、せっかくのコラーゲンがもったいない結果になってしまいます。
ハリ、たるみが気になりだしたらついついあまいものに手が伸びがちですがストレスにならない程度に気にしてみてはいかがでしょうか。

ビタミンCを一緒にとってみてください。

コラーゲンを助ける働きがビタミンCにはありますよ。
これらを試すことにより、髪の毛のコシが戻ってきたり、ネイル用に伸ばしてもすぐ割れていた爪が目に見えて丈夫になってきたのは実感できました。
そして一番気になるお肌の状態ですが、まず化粧のりに断然の違いがでました。
乾燥肌にプラスしてつや、たるみが目立ち鏡見るのも嫌になるほどだったのですが、数ヶ月食生活とコラーゲンのサプリメントを気をつけるだけで期待以上の効果を得ることができました。
無理なく続けて目に見える結果を得ることができるので一度皆さんも試してみてはいかがでしょうか。
是非お肌にはコラーゲンで一緒に艶、ハリを取り戻していきましょう。