New Soap

女性の大敵『冷え性』。
男性にも冷え性の方はいますが、圧倒的に悩んでいるのは女性ではないでしょうか。

冷え性の辛さと種類

冷え性は血流の悪さ、代謝の悪さで起こるもので、特に女性は末端冷え性や全身冷え性等に悩んでいます。
この辛さは実際に体験してみないと分からないかもしれません。
冷えの原因は水分の摂りすぎやストレスなど様々な種類があり、症状も多岐にわたっています。
たとえば私の場合は、手足の先が極端に冷たくなったり、血流の悪さから肩こりや腰痛に悩まされたりといった症状があります。
症状は人によって様々で、まさに多種多様と言えますね。

冷え性に効くヒハツとは何か

わたしが冷え性に最も効果がある素材を探していたときに発見したのが「ヒハツ」です。
ヒハツはコショウ科の植物で、古代から保温漢方薬として用いられてきました。
そして現代でも冷え性にはヒハツ、と言われ続けています。
ヒハツが冷え性に効果的と言われる秘密は、ビタミンやミネラル、ピペリンといった成分を含んでいることにあります。

ヒハツの働きと体の変化

ヒハツは血行を促進することで冷え性を改善し、代謝を活性化してくれます。
血行が良くなると手足の先まで血液が巡るようになり、末端冷え性を解消してくれます。
血行や代謝が良くなると冷え性改善だけでなく、肩や腰もほぐれ、体が楽になります。
実際、ヒハツを飲むようになってから、毎日冷たく麻痺していた手足の先の感覚が元に戻り、肩こりと腰痛も改善されました。
まさに冷え性の方に必要な成分だと思います。

ヒハツと相性の悪い病気

ヒハツは自然の薬草ですが、必ずしも安全ではありません。
血流や代謝の効果を高めることから、喘息や気管支炎、血圧等の持病があり薬を服用している人は控えた方が良いとされています。

まとめ

ヒハツの主成分のピペリンは唐辛子にも含まれており、体を温めてくれます。
私のように冷え性に悩む方はサプリメントなど、どんな方法でもよいのでヒハツ、ピペリンを積極的にとることをおすすめします。
私のように冷え性の悩みを抱えている方は少しでも早く解放されて欲しいと思います?